愛さないことにかけては世界の方が上手

詩人・ライターの喜久井伸哉(きくい しんや)による愚文集

喜久井伸哉 プロフィール(2024年版)

喜久井伸哉 (きくい しんや) 
(別名義 喜久井ヤシン)

1987年東京都生まれ。詩人・フリーライター

日本で唯一の不登校専門紙『不登校新聞』、ひきこもり当事者が作るメディア『ひきポス』、全国ひきこもり家族連合会発行の『KHJジャーナル たびだち』などで、取材・編集の活動をおこなっている。

共著に『いまこそ語ろう、それぞれのひきこもり』(日本評論社 2020年)、単著に『詩集 ぼくはまなざしで自分を研いだ』(私家版 2020年)がある。

 

8歳の頃から学校を長期欠席(「不登校」)し、一般的な学校教育をほとんど受けずに育った。

10~20代の期間に精神的・社会的な孤立状態(「ひきこもり」)を経験。

2005年から2015年までシューレ大学(NPO法人)に在籍。評論家の芹沢俊介氏の講座を受け、家族論や文学を学ぶ。

 

2016年「不登校新聞」の記者として執筆・編集の活動を開始。

多くの著名人を取材し、記事は提携先の『東洋経済オンライン』『ハフィントンポスト』『ヤフーニュース』等、複数の媒体で公開されている。

 

2017年 ひきこもりの当事者・経験者が制作するメディア「ひきポス」に参加。

以後、フリーライターの活動を本格化させる。

 

 執筆・編集記事の主な掲載媒体

(※「喜久井伸哉」名義以外の活動を含む)

AERA.dot」
「教育」
東洋経済オンライン」
「スマートニュース」
「ブロゴス」
「ハフィントンポスト」
ミュージック・マガジン
「ヤフーニュース」
「LINEニュース」

 

主なメディア出演

テレビ・ネットではFRANCE 24「la vie en retrait des "hikikomoris"」(2019年)にインタビュイーとして出演。

NHK「ハートネットTV」(2018年・2019年)、同「ETV特集 ひきこもり文学」(2020年)に出演。『ひきポス』で発表した当事者手記や、自作詩の朗読をおこなう。

共同通信社の取材により、複数の地方紙にインタビュー記事が掲載(2020年)。

 

SNS

ブログ「愛さないことにかけては世界の方が上手(うわて)」
http://kikui-y.hatenablog.com/

ツイッター
https://twitter.com/ShinyaKikui

note
https://note.com/kikuiyashin

 

関連サイト

ひきポス 
https://www.hikipos.info/

不登校新聞
https://note.com/futokoshinbun/

 

 

【断想】過去の発言が現在を喰う



不適切なときほど適切って言葉の使用頻度が上がる霞が関

神よ もしやペニスの付け方だけは間違えられたのではありませんか?

暮していくには無理しないと無理

家族(の成因それぞれが自分自身を人質にとって脅迫しあっていたみたいな)団欒

自分なりの不健康をまっとうしている人はだいたい元気

知らないところに自分の顔が繁殖するようになるのが自由ということだよ


心のうす皮を剥ぐような追想

満員電車みたいに他人に揺られている自体

要するに自分失調症なんだろ


私にはまるで違う人間が眠っている この30年くらいね


人々の舌によって一人の口が喰いつくされる


しかし人々はその災いの元に舌鼓を打つ


誰も逃さない舌鼓の群舞

過去の発言が現在を喰う


耳が口に喰らいついたために
証人はたいらげられてしまった