愛さないことにかけては世界の方が上手

詩人・ライターの喜久井伸哉(キクイ シンヤ)による愚文集

【断想】舌の墓地

 

黙れという刑に処され
口内に監禁された舌

 

言い難き嘆きもて
口の陣痛を倦む 
歯列を蹴る足は
二十年目の舌の臨月

 

舌の根に墓地を発見しても
耳が墓守を務めるとは限らない

 

大きな声量によって届けないといけません
大きな聴量なんて送られてきませんから

 

殺した者だけが墓碑銘に並んでいない

 

耳の独裁が引き起こした舌の大量虐殺
語れなかった口たちには墓地もない

 

お前の口を移植して
僕にも一つ語らせてくれ
生き延びるための手術の結果
縫合の成功した唇しかない
血が噴き出さないように
傷口が開かないように
無事ですんだなんて言わないでくれよ
これは助けられたとは限らないんだ

 

あこぎから足を洗った者を
かたぎの者の耳がぬぐう

 

足はとうにたどり着いている
お前は耳だけを樹立しろ
他に急ぐべきものはない
どうせすべての舌がはびこり
立ちすくむ者はむさぼられる

 

悲しみを感じている余裕のないことを
悲しくないのだととらえないでください

 

昔口のあった家で立ちすくむ
私はまだ無言に語られている

 

悲しみの延焼がとどめられず
煤だらけの目をしていた少年
灰をかぶって生き延びたのに
その子はもう体ごと煙に化した

 

ぼくの悲鳴を聞かなかった人が
ぼくの悲鳴の解説をしている
でも本当に聞こえていた人なら 
言葉なんてはじけ飛んでいたはずだよ

 

耳の乳母車で育てられたお前が
殺したいほどうらやましかった

 

間違った足で歩かされた正しい道
でもぼくはやっぱり
自分のあやまちを歩きたかったな

 

人足の絶えた舌の墓地
涙も土に還っていった
目はもう祈るに値しない
記憶に僻地のある人は
明け方ここにやって来い
足で墓石を踏み倒し
賤民の耳で悼みを暴け
子は不敬にしか甦らない
喪は不敬にしか残されていない

 

眼に刻印された永訣に
老獪な幽霊まで発狂した
お前霧の喪に舌を出して
耳を慟哭させる言葉で泣け
十三年をかけた一声で
せめて人々の記憶に墓を建てさせろ

 

 

【断想】息枯れ

 

息の根は枯れ
声の花なく
命に荒野あり
乞いに御名(みな)なく

 

息の根に冬
吸息の春遠く
国に大気薄し
未明に舌あえぐ

 

人々は口持たず
息は架空の虚
人々は目を増やす
息は冷えびえと絶え

 

雪原重く
むごく潰れ
息の種耐えず
春いまだ来ず

 

新しい日常の
新しい息ならず
古い日常の
古い息おらず

 

我に命の土壌ありや
舌を耕すには不毛の息
枯れ果てた呼吸の身に
なおも酷寒止まず

 

身の内に落涙の豪雨
哀痛の落雷打ち
憂愁の雨季に沈む
地上に溺死す龍

 

息の根はたどれず
茎は瀕死なり
冬の根ここにあり
大樹森となり

 

心ぼそく
酒に染む
友少なく
死に親しむ

 

息ほころび
いのち破れる

 

息故障中
修復不能
不要不急
有要有急

 

恥辱に生き
恥辱に死んだ

 

冬隣に無縁墓地往く
この生者の有縁いずこ

 

百年前には恥だった暮らし
今は名誉も同然となり

 

息が裏返される

 

息の根をかじる冬の群虫

 

命に若さが飛来した
そして同じ速さで去った

 

大気に否定された息

 

耳をたどるために
口を落としていく
たどりついたころ
語るほどのものなく

 

耳たちの搾取
言葉の不作に
餓えたのは舌

 

お前だって稲の実る土だったのに
誰も耕してくれなかったんだな

 

木を隠すなら森の中
秘密を隠すなら家族の中

 

閻魔は嘘をつくと舌を抜く
人は本当をつくと舌を抜く

 

水はどこかと魚に聞くな
意味は何かと命に聞くな

 

 

【断想】舌の軍事

 

いつか耳を転覆させるために
虎視眈々と軍拡を続ける舌の軍事

 

権力で目がふさがれて口が衰える
権力で耳がふさがれて口が退化する
口はふさいでいませんよねという我が国の自由

 

自ら耳を舗装したせいで
国の口車に轢かれていく人々

 

罪ではなく罪悪感で死んでいる
罰ではなく罰善感で殺している

 

一千万人の怒声 VS 一人の世襲政治家の難聴

 

有名人が汚名で名誉を洗っている

 

戦前よ、こんにちは

 

日本の性教育—―政府公認のアナーキズム

 

苦のベーシックインカムは全国民に強制給付なんで

 

答えも風通しをよくしておかないと 
あっという間に民衆の「なぜ」が繁殖する

 

耳の良い聖人が
天使の贈収賄を聞き取る

 

他人の口が私の耳に住みついていた

 

黙がさえずる耳の内
それがおしなべて世間の手の内

 

三年前の悲鳴がまだ残響している事故現場

 

名付けられた蠅の尊大な羽音

 

打ちひしがれた言葉を代弁している身体

 

母の愚痴を耳で飲んでいた幼少期
私の頭には汚水処理場の跡がある
お上から施設させられた脳腫瘍みたい
使われなくっても維持費を払ってるよ

 

クソと六ペンスのどちらかしか選べない一生

 

眼に語られた口が黙し
私は耳の残骸を見下ろす

 

耳のクーデター
失脚する口

 

代弁はできる
代聴はできない

 

一粒の口もし死なずば
唇の子孫達が育たん

 

貧困によって罹患した
倫理に対する網膜剥離

 

死を侵襲した幼年期

 

死の不幸を軽々と上回ってくるほどの老年期

 

耳だけ老化している若者

 

寿命の100年ローンを一括で早々に返すだけのこと

 

足萎えの者の横を 飛び去って行く足咲きの者たち

 

僕の前に道はない
僕の後ろに道ができる
でも背後には進めなくて
僕はどこにもいられない

 

数文字の自名を読解する参考書としての古典文学

 

意味を散髪する概念の床屋としての評論家

 

専門知の生態系で 名前の外来魚が発情期を迎えている

 

語る口なく 聴く耳なく 見る目なく
それが僕の出会ってきた人間の顔
そしてそっくりに育った僕の顔