愛さないことにかけては世界の方が上手

詩人・ライターの喜久井(きくい)ヤシンが好きなことを好きなようにやるためのブログ。

あいちトリエンナーレ2019 展示されていない作品を鑑賞していない記録・写真30点

 先日、「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」を鑑賞した。名古屋に一泊し、愛知芸術文化センター名古屋市美術館、豊田氏美術館と、四間道・円頓寺といった主要な会場を周遊。トリエンナーレにふさわしい現代アートの祭典であり、先端的な刺激に満ちていた。名古屋駅周辺の会場は、歩いて回るには遠すぎ、電車移動には近すぎる微妙な距離だったが、その不便さの体験も含めて旅の記憶となるもので、日常から離れる悠々とした時間を過ごすことができた。

 

 愛知芸術文化センターは、今展の中心的な会場となるもので、巨大な作品をどっしりと受け止めながら、高級感のある洗練された建築を誇る展示空間だった。いくつかの作品は、メッセージとしては社会への異議申し立てを含みながらも、華やかな「インスタ栄え」向きのとっつきやすさがあり、何人もの鑑賞者がスマホのカメラ音を出しながら歩き回っていた。

 

 以下には、「あいちトリエンナーレ2019」で個人的に最も記録すべきだと思った空間の写真数点を載せる。つまり、「表現の不自由展・その後」展示中止にともなう非インスタレーション、および美術館の物理的な意味での壁である。

 

f:id:kikui_y:20190913154109j:plain

f:id:kikui_y:20190913154305j:plain

f:id:kikui_y:20190913154155j:plain

f:id:kikui_y:20190913154218j:plain

f:id:kikui_y:20190913162300j:plain

f:id:kikui_y:20190913160020j:plain

f:id:kikui_y:20190913155026j:plain

f:id:kikui_y:20190913155516j:plain

 

f:id:kikui_y:20190913155058j:plain

f:id:kikui_y:20190913160117j:plain

f:id:kikui_y:20190915110429j:plain

f:id:kikui_y:20190913160625j:plain

f:id:kikui_y:20190913160730j:plain

f:id:kikui_y:20190913155549j:plain

f:id:kikui_y:20190913154442j:plain

f:id:kikui_y:20190913160235j:plain

f:id:kikui_y:20190913154538j:plain

f:id:kikui_y:20190913160500j:plain

f:id:kikui_y:20190913160316j:plain

f:id:kikui_y:20190913160351j:plain

 

 きわだって諷刺的な作品だったのは、バルテレミ・トグォの「西洋のゴミ箱」だった。名古屋市美術館の周辺に点在するゴミ箱に、アフリカ諸国の国旗がプリントされたビニールのゴミ袋が使われている。これがもし「日本のゴミ箱」のタイトルで、韓国国旗を含むアジア諸国の国旗がプリントされ、通行人が実際にゴミを捨てられる参加型の作品であったならどうか。風によれてくたびれたビニール袋のチープな存在に、歴史問題の深淵を覗かせる「穴」がぽっかりとあいている危険な展示物だ。

 

 また、藤井光による出色の映像作品は、過去の日本の植民地支配時代を実録のフィルムとともに鑑賞させるもので、歴史認識の射程を伸ばさせる、力のある展示空間を作り出していた。それは一人の少女が椅子に座っている、という安穏さとは完全に別種の、はるかに現代アート的な試みに満ちた切れ味を持つものだった。

 

 パンフレットに掲示された名古屋市美術館の標語は、「私たちの社会を不寛容から救うために」という皮肉な文言となっている。不自由展の中止は、今展に影を落としている……どころではなく、何人ものアーティストたちの展示拒否が示すように、はっきりとした傷になっている。私が思うに、今回の事件は「あいちトリエンナーレ」の100以上あるプログラムの内のたかが一つが中止に追い込まれた、という小さな出来事ではない。現代の日本ではっきりと「自由」がおびやかされ、特に韓国に対する攻撃性があらわになった、現代を象徴する事件だった。今回のことが止められない無力さは、戦争が止められない無力さの事態と地続きにある。そのうえ安倍政権の支持率がここにきて上がっている、という、私には理解できない(、のではなく正確には理解したくない)情勢が、胸糞の悪い、臓腑から意気消沈させるような落胆を引き起こしている。

 どうすればいいのか・どうあればいいのか、という苦渋の問いに対しては、あいちトリエンナーレ開幕前から用意されていた津田大介氏の挨拶文がすでに解答となっている。『いま人類が直面している問題の原因は「情」にあるが、それを打ち破ることができるのもまた「情」なのだ。』

 「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」は、攻撃的な「情」を打ち破ることができたのか。今展に対する私の最終的な印象として、以下に美術館内の写真を提示し個人的な旅を終える。

 

f:id:kikui_y:20190915113159j:plain

f:id:kikui_y:20190913163111j:plain

f:id:kikui_y:20190915112321j:plain

f:id:kikui_y:20190915112405j:plain

f:id:kikui_y:20190913160958j:plain

f:id:kikui_y:20190915112935j:plain

f:id:kikui_y:20190913162147j:plain

f:id:kikui_y:20190913160939j:plain

f:id:kikui_y:20190913161017j:plain

 f:id:kikui_y:20190913161306j:plain

 

 

 

   note版

note.mu

あいちトリエンナーレに行ったら想像以上にヤバかったww!

 

 

みなさんこんにちは!

 

ぼくはこのあいだ、いま話題のあいちトリエンナーレに行ってきました!

 

f:id:kikui_y:20190827154443p:plain

会場風景です!素敵ですね~

 

あいちトリエンナーレは、3年に一度開催される現代アートの祭典。

 

アートはちょっと難しかも⁉と思いましたが、そんな心配は全然いりませんでした!

楽しい作品が多かったです!

 

 

f:id:kikui_y:20190827154847p:plain

これはカワイイ(笑)

 

特に■■■■■■■館の、■■■■■さんの作品が面白かったです!

 

■■■■■さんはこれまでも■■時の■■■をモチーフにされているそうで、今回の■■の■■■■を題材にしているそうです。

 

これももしかしたら、■■■■■■なのかも!?

 

 

f:id:kikui_y:20190827154541p:plain

これはヤバい!とても刺激的な作品ですね~


実は■■さんの作品は、東京の■■■館でも観たことがあります。

 

第一次■■内閣が■■■を■■したことを受けて描かれた鋭い風刺だそうです!

 

■■■は■■だったので、■■■■■も■■ということなのかもしれませんね!

 

 

f:id:kikui_y:20190827154541p:plain

 

ここからはちょっと分析ですけど、■■■■■■■についてです!

 

ぼくは基本的に■■■■■■■■だなあと思ったんですが、もしかして■■■■■■■■、■■■■■■■?

 

■■■■■■■■■■■■。

 

■■■■■、■■■■■■■■■■(笑)

 

■■■、■■■■■■■■■■■■。

 

 

f:id:kikui_y:20190827154443p:plain

 

■■■■■■■、■■■■■■■■■■■。

 

■■■■■■。■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■ ?

 

■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■。

 

 

■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■!

 

f:id:kikui_y:20190827154541p:plain

f:id:kikui_y:20190827154541p:plain

 

■■、■■■■■■■■■■■■■?

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■。

 

■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。

■■■■■■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■。

 

 

■■■、■■■■■■■■■■■■。

■■■■■■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■。

 

 

■■■■■■■!?

 

 

■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■。

 

■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。

■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■。

 

 

■■■、■■■■■■■■■■■■。

■■■■■■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■。

 

■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。

 

 

■■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。

 

■■■■、■■■■■■■■■■■■■■。■■■■■■■■■■■■■。

 

■■、■■■~

 

 

   ■■■

f:id:kikui_y:20190827154443p:plain

     ■■■■■■■

 

■■■■■■■■■■■■■■、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■。

■■■■、■■■■■■■■■■。 ■■■■■■■■■■。

 

■■■■■■■■、■■■■■■■■ ~!

 

 

※※※※※※※※※※

 タグ  #諷刺   

 

2019年8月活動まとめ 『ひきポス』『教育』『ミュージック・マガジン』『ハートネットTV』

 2019年8月の活動まとめです。

 

① WEBメディア『ひきポス』人生の深い絶望に効く〈名作文学〉

www.hikipos.info 19~20世紀の文学作品7作を紹介しています。本当は「〈名作文学〉10」と題して、他に「死者の奢り」「中原中也詩集」「地の糧」などをとりあげるつもりでしたが、字数が多くなったため区切りました。次に類似の企画があるときは、小説以外の名著を紹介したいところです。

 

 ② WEBメディア『ひきポス』受援力

www.hikipos.info

 被災地支援における受援力(じゅえんりょく)という考え方を流用して、「ひきこもり支援」の困難さを指摘しています。ある支援団体では、「社会性を身につける」、「コミュニケーション能力を上げる」などのアピールがありますが、それだけでは「救済」から遠のかせる場合さえあります。それ以前に、当事者の受援力が確保される必要があるだろう……という論趣ですが、難しいのは、当事者に対して「あなたの受援力を上げてあげる」という取り組み方がほとんど成り立たないことです。受援力は、外から圧力をかけることによって生じるものではありません。それでもなお「支援」があるとしたら、どのような可能性があるか。そのあたりのことをまた考えていくことになります。

 

③ 雑誌『教育』2019年9月号 

kyoukaken.jp

 9月号の特集「誰もが何かのマイノリティ」に寄稿しました。「『ふつうの人』って何だ問題」の題で、「ふつう」とは何かについて掘り下げています。

 

雑誌『ミュージック・マガジン』2019年9月号 

musicmagazine.jp

 Randam Access(ランダムアクセス)のページで、エルトン・ジョンの伝記ミュージカル『ロケットマン』の映画評を書きました。「ひきこもり」とはまったく関係のない、サブカルの記事です。

 

   出演

NHKTVerハートネットTV』ひきこもり新時代2019 ひきこもり文学

www.nhk.or.jp

 昨年、NHKの『ハートネットTV』という番組で「ひきこもり」の特集があり、私を含む『ひきポス』のメンバーが出演した回があります。その回が再編集され、NHKおよび民放公式テレビポータル「TVerティーバー)」で放送・公開されました。NHKが民間のウェブページで番組を公開するのは、初めての試みとのことです。テレビ放送史の小さなターニングポイントに、間接的に居合わせました。

 

   

Twitter 喜久井ヤシン (@ShinyaKikui) | Twitter

・note  喜久井 ヤシン|note

 

 縁ありましたらご覧ください。